鍵交換で防犯性を高める

鍵交換で防犯性を高める

近年のマンションの場合、セキュリティーなどの防犯対策がとれており管理費も支払っていますが、一軒家の場合そうでないことが多いです。警備会社に依頼する方法や防犯カメラの設置など色々な防犯に対する方法があります。警備会社の場合毎月の費用が掛かりますし、防犯カメラも初期費用やメンテナンス費用が掛かります。一般的なご家庭の場合、警備会社に依頼したり防犯カメラを設置しているお宅はまだまだ少ないです。空き巣が目をつける留守の家の特徴は、昼の場合、外から中が見通しの悪いお家、夜の場合では、周りに照明の少ない暗お家などの条件を空き巣は特に好みます。空き巣の最近の犯行の手口も大胆になってきて、玄関ドアの鍵の破壊や扉をバールのようなものでこじ開けるといったことも多いようです。空き巣は泥棒のプロで、日々進歩する防犯対策への研究は、居住者以上にしています。ベテランの空き巣ともなると、現在存在する鍵で開けられないものはないと言われています。空き巣はその家の防犯対策がいかに取られているかで、犯行をするかしないかを決めています。まずは玄関ドアの鍵に注目し、鍵が1つの場合と2箇所以上の場合では、犯行に及ぶか可能性が大きく違います。そのため、鍵交換をするお宅が増えています。鍵交換の際にピッキング対策などの取られた鍵交換をしなければいけません。ホームセンターなどに販売されている素人でも出来る鍵交換グッズでも良いのですが交換方法が簡単な鍵交換では空き巣も簡単に開けてしまいます。鍵交換をする時は鍵交換専門店に依頼し交換してもらうと良いでしょう。インターネットなどで鍵交換が多く紹介されていますが、鍵交換をした鍵や玄関周りの情報を良られてしまうので、安いからといって素性の分からない業者に鍵交換を依頼するのは危険です。必ず、信頼の置ける店舗を構えた地元業者に交換してもらいましょう。交換をする際に従来品の交換だけではなく、2つ目や3つ目の増設をお勧めします。

コメントは受け付けていません。