‘鍵交換’ カテゴリー

防犯対策として鍵交換を行うときに電子鍵にするケースが増えてきています

防犯対策として、鍵交換を行うことが良く実施されています。この鍵交換は通常は同じような鍵を追加したりすることが、やはり多いのですが、最近では電子鍵に鍵交換する方も増えてきています。電子鍵のメリットとしては、まず挙げられるのが、鍵を入れる穴が無いということになります。所謂ピッキング被害は、この鍵穴がキーになるのですが、電子錠に交換することにより、鍵穴時チアを無くしてしまって、犯罪につながる可能性を低くすることができるのです。また鍵交換で電子錠にするということは、鍵自体の耐久性を向上させることになります。どうしても今までのカギであれば、鍵穴に挿入して、解除するという工程を経ることで、長年使っている間に、鍵自体が劣化することで、最悪折れてしまうこともあるのです。その度に同じ鍵を購入する手間が発生することを考えると、電子錠はそういったリスクを避けることができるので、鍵交換先として人気を集めているのです。さてここで問題になるのが、電子錠に鍵交換した際に、電池が切れた場合にどのようにするのかということになりますが、電子錠に使われる電池は、コンビニなどでも売られていることが多く、すぐに交換が可能ということもありますし、最近では携帯電話でも、開けることができるようになっていますので、安心して電子錠に鍵交換できるのです。さて鍵交換を電子錠にするときに、どのくらい一般的になっているのかということが、気になることもあると思いますが、最近の自動車を想像してみてもらうと、軽自動車までもキーレスエントリーシステムを搭載しているのです。これも一種の電子錠システムになりますので、かなり普及していると判断しても良いのです。こうして一般の家庭向けにも、鍵交換を電子錠で行いたいと考える方が、増えてきているのです。このように防犯上の理由から、鍵交換する際に電子錠を選ぶ方が増えてきている理由は、以上の通りになるのです。