カギとホームセンターの関係

カギとホームセンターの関係

ホームセンターで取り扱っている「カギ」の内容は、主に簡易的な合カギ作成とドアなどに取りつけられているシリンダー錠などの金具である。前者は一般のカギ屋と違って、細かい切削作業で個々の鍵に合わせる様な高度な技術を必要としてはおらず、特定の型のキー材料を使い、専用の機械に填めこんで、お客様から預かったカギに合わせて作製すれば、少しの時間で複製を作る事が出来る。他にも車のカギを紛失した状態であったとしても、対応する車種のカギがあれば簡単に作ってもらうことができる。値段は内容にもよるが、一般に家に使われているシリンダー錠のカギなどであれば500円程度で作成することは可能だ。因みに、カギ作成の仕事はホームセンターの規模とポジションによって、覚える店員も居れば、ポジションの関係から覚える必要がないと判断されて、別の仕事を覚えさせられる店員もいる。後者はシリンダー錠などのカギで開ける金具などの商品の取り扱いを指す。家に使われているシリンダー錠のみならず、ホームセンターではポストや南京錠。車に取り付けるシャックルロックなどカギが関る種類の商品を多く販売しており、”鍵”に纏わる商品は必ずしも”合カギ作製”だけではない。南京錠の値段は大きさと数と使われている素材の種類によって変動するが、一番安いものは500円以下でも充分買える。大きさは団地に使われる小さいポストの穴を通すサイズもあれば、一般的な視点から見て使わない様な大きいサイズもある。一般・業務用共にお手頃な値段で購入することが可能である。他にも店側が高額商品を盗難防止を図ると共に、いかにお客様に提供するかという点では、お客様が実物の商品を目の前で視認できる代わりに、南京錠でワイヤーフェンスで囲むという方法が取られている。なお、その南京錠はお店用に一般販売している分を店内仕様にして利用している。その他にお客様が店員に尋ねる内容も、”カギ”に纏わる話も少なくはないので、やはり仕事の観点から見ても、一般の視点から見ても”カギ”は現代の生活の中に、切っても切れない重要な関係であることが分かる。もちろん、これはホームセンターだけに限ったことではないが、その分野でも大きく関っていることが分かる。

コメントは受け付けていません。