鍵交換について考える

鍵は家の扉を開けることや箱の中を開ける時に使うのが当たり前です。しかしその鍵を失くしてしまった場合は鍵交換が必要になります。鍵交換をする場合前の鍵の形から作り変える必要になりますが、鍵が紛失してしまっている場合は鍵交換ができない可能性があります。けど扉にある鍵穴の形で作ることもできます。鍵交換では新しい鍵を作る時に前の鍵で開く扉の鍵穴も変えなくてはなりません。鍵交換には様々な種類がありキーチェーンタイプの物やホルダータイプの装飾品の鍵などが使われることも多いです。しかし、そういう鍵はせっかく新しい鍵に作り替えたばっかりの時に失くしてしまう可能性がかなり高いです。この二種類の鍵以外でこの欠点を補う鍵が作られており、ペンタイプの鍵などがあります。それはペンとして文字を書けるだけでなく鍵としても使えます。これはイギリスの鍵職人があるイギリス人のお客さんに鍵交換を頼まれた時に思いつきで作ったという言い伝えがあります。その鍵交換を頼んだお客さんは一つの物で二つの事ができて便利だったと満足していたとのことです。鍵はただ開けるための物じゃなくてそれぞれ工夫も必要であることが分かります。もし鍵屋に鍵交換の時に要望の鍵があればその鍵と交換してくれる可能性があります。そうなると運が良いです。普通の鍵よりも今の時代は芸術的で特殊な鍵が売り出されないといけません。子供でも遊べるおもちゃのような鍵や録音機能がついた鍵とかも現在開発中です。鍵というのは自分の心の中にも存在していて人と話す時、恥ずかしくなって心に鍵をかけてしまい表情を出すことはできません。鍵屋は人間の心の中にあるものまで鍵交換することはできません。鍵屋は日用品に使われている物を鍵交換できるのです。人間は生物なので自分の心の鍵を交換するには自分の心の中で交換するしか方法がありません。いつか自分の心の鍵が開くようになったらその人は表情が豊かで正直な人間になっています。

コメントは受け付けていません。