侵入窃盗被害防止におけるカギの重要性

昨今自宅などに侵入されて現金や貴金属などの財産を盗まれる被害に遭う空き巣の手口での盗難にあう家庭が増加しています。 空き巣被害に遭う場合、もちろん犯人が悪いことは当然のことですが、被害者側にも問題点がないとは言えません。そこで問題となってくるのが「カギ」をかけたかどうかという施錠の問題です。 玄関のカギをかけることは当然必要です。しかしながら、俗にいう「田舎」の地域においては、玄関のカギをかける習慣がない場合もあります。これでは泥棒は入り放題です。田舎であっても「うちは大丈夫」などと安心することなく、家にもいなくなる場合にはしっかりと玄関のカギをかけるように心がけなければなりません。 次に、各部屋のカギのをかけることを忘れてはいけません。出かける前には、玄関だけでなく、各部屋のカギの施錠を確認しましょう。泥棒は、玄関のような正面から入ることは少ないものです。たとえ二階の部屋などであっても、カギをかけていなければ泥棒は登ってでも侵入してきます。必ず、各部屋のカギの施錠を確認してから出かけましょう。 さらに確認が必要なのは、トイレやお風呂の窓のカギです。まさかこんなところからと思うかもしれませんが、泥棒はそのような場所も見逃しません。こんなところは狭くて入れないだろうというところの窓であっても油断することなく、カギをしめることを忘れないようにしましょう。 また、出かけるときだけでなく、夜、就寝するときもカギをかけることを忘れないことが重要です。真夜中は泥棒にとって最大の活動時間です。眠っている隙を狙って泥棒に入ることもよくあることです。そこで、もし泥棒と鉢合わせしてしまったら、もっと最悪な結果がまっているかもしれません。そのようなことにならないためにも、就寝前に必ず全てのカギの施錠を確認しましょう。 カギと合わせて防犯ブザーなども合わせて活用すると効果的です。ブザーをセットしておけば、もしカギが破られて窓などが開けられてもブザーが知らせてくれるから安心です。ホームセンターなどで売っているもので、自分でつけることができるものもありますので、活用しましょう。 以上のようなことを参考にして、空き巣などの被害に遭わないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。