カギで防犯対策をしましょう

カギを差し込んで錠前を操作するカギ穴の部分は、そのシリンダー用のカギ以外のカギでは回転できないようになっていますが、シリンダーを攻撃する侵入手口が多いです。ピッキング対策がされていない場合、解錠にかかる所要時間はほんの数秒から数分と言われています。ドアにドリルなどを使って穴を開け、金属の棒を使ってドア内側のつまみ(サムターン)を回転させて解錠してしまう手口もあります。建物のドアの材質によっては、ハンドドリルなどで比較的簡単に穴が開いてしまうものもあります。電動ドリルの様にモーター音がならないことによって、周りに気付かれ無いまま簡単に侵入されてしまうケースが多発しています。対策として、サムターンにカバーを付けたり、サムターンを押し回すものやカギ付きのものに取り換えると有効です。ただし、その場のサムターン回しによる侵入は防ぐことができても、外側から対策がされていることがわからないため、扉に穴を空けれてしまう可能性があります。バンプギーとよばれれる、特殊加工したカギを用いて、簡単な構造のピンシリンダーを不正開錠する手口解錠には、ピッキングのように熟練した技術や特殊工具を必要とせず、侵入の痕跡を残さず、短時間で解錠されてしまいます。カギ穴をドリルなどを使って破壊開錠してしまう手口や、シリンダーのついたドアノブを強引にもぎ取って開錠してしまう手口もあります。特にドアノブにカギ穴がついている円筒錠は勝手口に使われていることが多いですが、このドアノブは特殊な工具でひねると簡単に壊れてしまい、防犯上非常に問題あがあります。バールを使い、力ずくでドアをこじ開けてしまう手口は被害件数は依然として高いままです。日本の住宅は外開きであるにも関わらず、バール対策されている住宅はほとんどありません。被害にあった後はすぐに修理できないこともある。対策としては、強い抵抗力を発揮する鎌デッドボルト月のCP認定錠の補助錠を付けることをおすすめします。補助錠がついているだけで侵入ターゲットからはずされる可能性が高まります。いずれも防犯性を高くするにはCP認定錠のシリンアダーで補助錠を追加、1ドア2ロックの対策は有効です。2個のカギを付けるということは、持ち主にとってもカギを開錠するのが面倒なことですが防犯対策にとても有効です。

コメントは受け付けていません。